忍者ブログ

心配するな 私も彼らのそばに居る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P「小鳥さん、ここ間違ってますよ」
小「あ!? よ、よく見つけましたねプロデューサーさん。もしかして私のこと好きだったりしますか?」
P「‥‥は?」
小「私のことが好きだから、こんなに熱心に私の書いた文書を見てるんですよね? 隠さなくても大丈夫です。私口堅いですから! さあ、どうぞ!」
P「‥‥小鳥さんが普段から何考えて仕事してるか分かりましたよ。とりあえず、ここの『大性交』ってところだけは直してくださいね」
小「あひぃん!」

PR

P「‥‥えー」
小「じゃあ、あとよろしくお願いしますね」
P「手伝うって言ったけど、これを全部俺にやれと?」
小「ごめんなさい、ほんと今日の合コンが勝負なんですっ!」
P「まあ、じゃあ頑張ってください。成功したらなんか奢ってくださいよ?」

小「せ、性交したらだなんて、Pさんったら大胆!?」
P「‥‥(失敗してしまえ)」

P「あー、金ねーな‥‥」
伊「あら? どうしたの、プロデューサー」
P「伊織、かね、貸して」
伊「はぁ? またぁ?!」
P「‥‥この間さ、伊織迎えに行ったじゃん」
伊「ああ、仕事のお尻が遅れた時ね」
P「あの時、ガソリン代につかっちゃってさ。金が足りなくなるのは分かってたんだけど、伊織を待たせちゃいけないと思ってさ」
伊「し、仕方ないわね、これ少ないけど使いなさいよね」

や「い、伊織ちゃん~」
伊「どうしたの?」
や「伊織ちゃんのために手作りの手編みのマフラー作ってたら、お金がなくなっちゃって、特売にもいけないですぅ~」
伊「し、仕方ないわね、私のために作ってくれてたマフラーのせいでお金がなくなっちゃったんだから、私が出してあげるしかないわね、これでお肉でも買いなさい」
や「ありがとう、伊織ちゃん!」

小「‥‥伊織ちゃんって都合のいい女って言われない?」
伊「? どうしたの、小鳥?」
小「そう‥‥あなたが、幸せならそれでいいわ」

P「これを見てくれ? こいつをみてどう思う?」
涼「すごく‥‥大きいです」

律「こらーっ!?」

P「なんだ律子?」
涼「どうしたの律子ねーちゃん?」
律「え? ああ、うん、足の大きさね。うん、でも紛らわしいからそういうの‥‥」
雪「フヒヒ」

「「「いつの間にーーーっ?!」」」

入院した社長のお見舞いに行くP。

「社長‥‥」
「君か‥‥」
「ここは?」
「ここかい? ここはだるき、家だよ」
「だるき家? たるき亭ではないのですか?」
「ああ、君には言ってなかったな。たるき亭はファンの皆の心の中にある、ユートピアなのだよ」
「ユートピア? 一体どういうことなんですか?」
「現実はこのだるき家。病気の患者が住み着き延々とかなえられないリクエストを流し続ける場所。それがこのだるき家なのだよ」
「そ、そんな‥‥社長‥‥。社長の身体、なんだかいつもよりこころなし白いような」
「そう私も高木順一朗ではない。黒ではなく、灰色。そう私は――」

ご愛読ありがとうございました!

病院に逃げ込んだ亜美・真美を追いかけるP。

「亜美、真美、どこいきやがった!」
「誰かお探しですか?」
「いえ、あの双子の女の子を見ませんでしたか?」
「えっと‥‥黄色いのならそちらに」
「ありがとうございます」

「亜美どこだっ!?」
「ぬっふっふ、ここだよ、兄(c)!」
「ん、真美、なにやってんだ?」
「なぬ?! なんで分かったの?!」
「馬鹿め、お前らは気づいていないが、俺にはお前らの区別をできるように仕込んでるんだよ!」
「な、なんだってー!?」

「あまいね、兄(c)」
「な、亜美!? いつの間に後ろに」
「たとえ亜美たちを見分けられても、このくまちゃんぱんつはそう簡単に渡さないよ!」
「そう、この必殺の」

『『アナザーディメンジョン!!!!』』

「くっ、やるな、亜美、真美。だが、俺がやられても第二・第三のシルバーセイントが‥‥!」
「シルバーセイントって一番弱いよね、亜美」
「そうだよね、真美」
「ガーン。しょ、所詮俺は引き立て役‥‥かっ」

特に、オチは、ない!!

定期健診で婦人科に行った舞を迎えにいくP。

「舞さん?」
「誰かお探しですか?」
「いえ、日高舞という人を探してるんですか、ご存じないですか?」
「えっと‥‥日高さんでしたら、そちらに」
「ありがとうございます」

「‥‥なに、やってるんですか?」
「あ、(元)プロデューサー」
「なんでみんな縛られてるんですか?」
「この人たちみんな私のファンだっていうから、ファンサービス?」
「アイドルはファンにそんなことしませんっ!」
「なによう‥‥あなただって喜んでたじゃない」
「な、ち、ちがっ!」
「愛に本当の父親のことばらしちゃおっかなー」
「ちょ、ちょちょ、条例とか恐いから勝手に作らないでください、そんな設定!」

実は愛ちゃんは娘だった!? そんなドリーミングな設定も好きだ。大好きだ!

笑えない事情により病院に担ぎ込まれたやよいを迎えに行くP。

「おーい、やよい。おーい?」
「誰かお探しですか?」
「いえ、ここにが高槻やよいという人が入院していると思うんですが、何号室ですか?」
「えっと……やよいちゃんなら、そこですね」
「ありがとうございます」

「‥‥ガーデン(そこ)?」
「あ、プロデューサー、きてくれたんですね」
「あ、ああ、ところでなんで病室じゃなくてこんなところにいるんだ?」
「見てください、プロデューサー。ここにあるこれ」
「これは‥‥雪国もやし?!」
「そうなんです、ここの庭にはなんと! 雪国もやしが群生してるんですよー!」
「‥‥ああ、うん? もやしは群生しないだろ、農家じゃないんだから。‥‥それ、お前がやったんだろ?」
「な、なに(むしゃむしゃ)言ってるんですか(むしゃむしゃ)」
「思いっきり食ってるじゃねーか!?」

もやしを出せばなんでも解決すると思うなよ! と怒られてる自分を想像して興奮しつつ次回へ続く!

人体発火で入院した伊織を迎えに行くP。

「おーい、伊織。おーい?」
「誰かお探しですか?」
「いえ、ここにが水無瀬伊織という人が入院していると思うんですが、何号室ですか?」
「えっと……でこちゃんなら、そこの病室ですね」
「ありがとうございます」

「うおっ、まぶしっ! 何も見えねえ!?」
「な、なによ、あんた仕事はどうしたのよ」
「伊織なのか、まったく見えないけど!」
「ふ、ふん、別にアンタがきたから嬉しくて光ってるわけじゃないんだからねっ!」
「嬉しくて光るって、どういうことなんだよ‥‥?」
「だ、だけど、あんたがどうしてもお見舞いしたいって言うなら許してあげてもいいわよ」
「俺の話、聞いてないよね?」
「だ、だめよ、そんな、ここは病院よ!? で、でもどうしてもっていうなら、鍵、閉めて‥‥」
「おーい?!」

意外と妄想壁強そうだよね、伊織って。そしてそろそろ誰が出ていなかったか忘れつつあるが次回に続く、のか?

ペットのいぬ美にじゃれ付かれて入院した響を迎えに行くP。

「おーい、響。おーい?」
「誰かお探しですか?」
「いえ、ここにが我那覇響という人が入院していると思うんですが、何号室ですか?」
「えっと……ナハナハなら、そこの病室ですね」
「ありがとうございます」

「おい、響?」
ベッドの下から、長いテールがちらちらと見え隠れしている。
「‥‥おーい、尻尾が見えてるぞ」
「‥‥ぐす」
「え? え? な、なんで泣いてるの?!」
「なんで‥‥」
「え?! え?」
「なんで誕生日に来てくれなかったんだ?」(現在は10/12)
「え? いや、その‥‥忙しかったから」
「何がだ?」
「そりゃ‥‥おま、お前の動画作るので忙しかったからだよ」
「?!」
「ほら、ちょっと遅れたけどプレゼントも持ってきたぞ。お前のために、鈴のついたカウベル」
「へ、変態プロデューサー‥‥!」
「ああ、雌牛っ!」

二人の愛情はマックスハート。強引な展開でもなんとなく許して!

◎ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ リンク
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[02/20 愛識]
[02/19 しぐみん。]
[11/17 愛識]
[11/17 須藤]
[11/05 げるP]
◎ プロフィール
HN:
itoshikiP
性別:
非公開
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]