忍者ブログ

心配するな 私も彼らのそばに居る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『2番目の贈り物』は自分の中できっちり最初から
最後までコントロールできた作品です。
「ガチで泣けるアイマス」というお題をクリアするために、
逢えてベタな話にしようと思って珍しく計算して作ってます。

ずいぶんアレないい方になりますが、
シリアスで、特に切ない話を書こうとする人は
とりあえず見ておいたほうがいいと思います。
というのも、おそらくこの作品ぐらいがボーダーになるんじゃないかと
思うからです。

音楽・ストーリー・背景・演出を含めて、極端に突出したところは
ないと思いますが、それなりにバランスをとって切ない話になってるので
まあ参考になる、っていうかこれよりは上を目指さないと
いかんかなと。

さて、この作品を始めたきっかけは灰色Pのお題ですが、
その萌芽はもっと以前に下着ドロPが投稿した以下の作品に
あります。
泣けるお話を漁った時、やっぱり「死」に関わるものが多くて
じゃあノベマスで死を題材にしてるのは‥‥、となるとこれかなと。

この作品はテーマは重いんですが、なんというか
もうちょい処理のしようがあるなと思っていて、
それが2番目の贈り物製作のきっかけの一つになっています。



-------

2番目の贈り物ではではnscripterの再生時にautoclickを採用し、音楽とシーンを
あわせるように調整しています。今までは割りと手抜きしてたんですが、ちっと頑張りました。
まあ、おかげで自分の製作物の中では比較的音楽の流れが綺麗かなと。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題

はじめまして、HOLL-PANCHIと言います。

愛識Pさんのノベマスはラノベっぽいから見させて頂いてます。

この2番目の贈り物は愛識Pさんの短編の中でも一番好きです。

タイトルから千早の重い話かな~と思いましたが、そういう雰囲気ではなく、入りは神秘的で、それでいて心が暖かくなれるストーリーでした。
(あと、春香さんがああいった行動のあと、後悔している姿を見て、春香さんはやっぱり優しいなーとか思ってました)

それとストーリーに合わせたBGMが要所要所ですごいしっくりきていてよかったです。

今後も勝手ながら拝見させてもらい、コメント残させてもらうときもあるとは思いますがその時はよろしくお願いします。

HOLL-PANCHI 2009/04/27(Monday)13:44:08 Edit
◎ 無題

どうもご視聴ありがとうございます。
私はあまり重い話は書かないし、大体ハッピーエンドですので、おき楽に見てあげてください。

愛識P 2009/04/28(Tuesday)02:54:11 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
◎ リンク
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[02/20 愛識]
[02/19 しぐみん。]
[11/17 愛識]
[11/17 須藤]
[11/05 げるP]
◎ プロフィール
HN:
itoshikiP
性別:
非公開
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]