忍者ブログ

心配するな 私も彼らのそばに居る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中二病といえばアニオタとかラノベオタとか漫画オタとか、まあとにかく二次元オタにありがちな
性質で、特に中学生で発病しやすいことから中二病ってことになっています。

で、これオタクの特徴の様に言われていますが実際はそんなことはなくて
尊敬する人を持つ人にはうすうす存在する性質だと思います。

そもそも中二病が面白いのは自己陶酔であり、非現実的な事象を自分の世界に
取り入れてしまっているのが痛くて面白いわけです。
結局それは非現実的という意味では別にオタクに限った話ではないです。
たとえば陸上短距離で自分の目標とする選手が
ウサマンボルトだ!って思ってる人は多かれ少なかれ、その人のイメージを
自分に投影するわけで、やっぱりこれも一種の中二病だと思います。
現実かそうでないかの違いで痛さが違うだけで、
中二はあるよ、ここにあるよ、なわけです。

結局中二の痛さである「非現実的」という部分に関しては
リアルワールドの人物だろうが、二次元ワールドだろうが
同じなわけですし

なにはともあれ、中二であっても最終的には
目標を達成することが大事ですよね!

なーんて、夏コミで思いました。とさ。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題

>その人のイメージを
>自分に投影するわけで、やっぱりこれも一種の中二病だと思います。

この前の記事もそうですが、やっぱり愛識Pの理論の組み立てはいいわぁ。

というわけで私も中二です。
良いじゃない、楽しければね。


痛いのが(正確には、痛いと思われるのが)怖くて行動できないなんて、
本末転倒ですからね。

しぐみん。 2009/08/22(Saturday)12:23:36 Edit
◎ 無題

hi,
ウサマン・ボルトって誰でしょうねw

>この前の記事もそうですが、やっぱり愛識Pの理論の組み立てはいいわぁ。

なお実社会では割とわかりにくいと不評な組み立て方ですので、
ご注意ください。

あんま関係ないですが中二病といえば、田中ロミオの
"AURA ~魔竜院光牙最後の闘い"は
メタ的に中二病を扱っていて面白かったです。

愛識P 2009/08/23(Sunday)11:21:35 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
◎ リンク
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[02/20 愛識]
[02/19 しぐみん。]
[11/17 愛識]
[11/17 須藤]
[11/05 げるP]
◎ プロフィール
HN:
itoshikiP
性別:
非公開
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]