忍者ブログ

心配するな 私も彼らのそばに居る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニコニコ動画は視聴者が直接コメントを書き込めるシステムになっています。
これは視聴者側は臨場感を味わいつつ、製作者側は相手の率直な感想を知ることが
出来ます。

んがこのコメントというもの、視聴者と製作者の立場を
入れ替えるだけでまったくというほど重みが
違ってきます。

たとえばある口の悪い視聴者が
人気あるから見てみた動画があんまり面白いと思えず

「なにこれ、ツマンネ」

と書き込む気持ちと、製作者がそれを呼んだときも気持ちは
天地の差があります。
本来ならテレビの前で何気なく吐くような毒が、
製作者に直接飛び込んでくる脅威といったら!

さらにこれに一人か二人賛同者がいるだけで、
もう作品全否定されたような気分になりかねません。


さて、これはわかりやすいマイナスのストロークの例ですが
実際のところプラスのストロークですら
勘違いだったり錯誤にはまりかねないわけで。

よく、この作者はすごい!、天才!と言う台詞を吐く
「信者」と呼ばれる人たちがいます。
実際どの程度本気で「すごい」と思ってるのかはともかくとして、
こういう人達って誉めそやしますよね。
そしてそれを受けて、製作者もついついその人が喜ぶような
作品を作ってしまう。
これが良い方向に働けばいいのですが、当然信者の人たちが
そこまでちゃんと考えて発言しているかは不明なわけで
結構リスキーなことだったりします。
製作者側でそういうコメント冷静に判断できればいいですが、
プラスのストロークって、うれしいが故に相手の判断を
狂わせるところがあるので
まあ、そんなにいいことばかりじゃないよってわけで。

畢竟コメントが付くことが嬉しい反面、それをある程度
冷静にフィルタリングして見ていくことが出来ないと
結構作ってる人は大変ですよ。
あとコメント至上主義を信望するのは結構ですが、
当然のように言われるのはどうかなと。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題

どもども。
コメント内容はプラスでもマイナスでも一長一短って話ですね。
ニコの醍醐味の部分でもありますし、なかなか難しい問題だと思います。

コメントを書いてる人間が、動画に対して常に真摯に向き合ってるとは限らないのですよね。
酔っ払ってるかもしれないし、鼻毛を抜いてるかもしれないし、ご飯を食べながらコメント打ち込んでるかもしれない。
寄せられるコメントは有り難い物ですが、必要以上に過敏になるのは、自らの首を絞めることになるのかもしれません。

ネットならではの距離感でもって、コメントに接するのが理想って事なんでしょうね、きっと。

tenten URL 2009/08/17(Monday)19:23:37 Edit
◎ 無題

セックスー。(挨拶)

コメントありがとうございます。
ぶっちゃけ批判※はスルーしろってだけなんすけどねw

愛識P 2009/08/20(Thursday)20:52:12 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ リンク
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[02/20 愛識]
[02/19 しぐみん。]
[11/17 愛識]
[11/17 須藤]
[11/05 げるP]
◎ プロフィール
HN:
itoshikiP
性別:
非公開
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]