忍者ブログ

心配するな 私も彼らのそばに居る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛識です。  巷で不評というか、暴走・分裂・対立・撤退が繰り広げられているアイドルマスター2ですが、不満や文句は取り上げず、敢えてココではどうしてこうなったかを考えていきます。

  1. キャラクターの見直し(3)

アイドルの選定条件には幾つかあると思うのですが、さっと思いつくのは以下のような条件でしょうか。
 
  • コスト
  • リターン
  • 中の人
コストはそのまんま費用ですね。
リターンは言い換えればユーザをどれだけ繋ぎ止めることが出来るか、あるいはユーザをひきこむことが出来るか。
中の人はアイマスの特殊事情というか、「アイドル≒中の人」という公式が存在する故の条件になります。単発のプロジェクトであればいいのですが、初代アイマスの例を見ると5年間も継続して中の人を確保したことになります。9人もいて、ゆりしーを除く途中離脱者がいなかったのはむしろ不思議なぐらいです。
 
  1. コスト
アイドルマスターというゲームは、どのアイドルでもほぼ同じようにプロデュースできます。逆にこれはどのアイドルを選んでも開発費用はほとんど変わらないということを指しています。つまり、コストという面では単純に何人プロデュース可能にするかという、人数の問題になります。一人当たり@円の開発費用がかかるとするなら
 13人プロデュースで13×@、9人プロデュースなら9×@です。
単純に考えて、9人プロデュースなら13人の時の70%に収まります。中の人のキャリアによって多少コストの違いは生じるかもしれませんが、継続的にコストが発生する契約社員ならともかくスポットの声優さんのコストは開発費用全体からすれば大した金額ではないと思います。
そのため今回ではコストは条件の差になるほどではなく、残りの二つの要素が重要だと考えます。
 
  1. リターン
アイドルマスターというゲームはキャラゲーです。アイドル育成シミュレーションゲームとして楽しむ少数派もいますが、ほとんどのファンは好きなアイドルに大なり小なりこだわってプロデュースしています。この各アイドルに対する支援度の差が明確に出たのが、やはりアイドルマスターSPの各3種の売上の差でしょう。順序性などが存在しない3本でありながら、個人的に予想以上に差がついた売上から言っても、多くのプレイヤーは『アイドルを選んでいます』。
当然ながら開発側は良く選ばれているアイドルを選択することが必須条件になります。人気アイドルを削って売上を落とすより、そうでないアイドルをプロデュース不可にした方が良いのは言うまでもありません。
  1. 中の人 
 
アイドルマスターはアイドルと中の人を同一と見なす人が非常に多いです。アイマスライブなどを見れば分かると思いますが、中の人が歌っているのに「アイドルマスターライブ」に成り得てるというのは、そういう風にプレイヤーに刷り込んでいるからです。普通のアニメで中の人とキャラクターを同一視する人はあまりいません。人気のある中の人は色んなキャラクターをやるので、その時その時で印象が変わります。ましてやアイドルマスターのような1対1の関係性は自然と薄れてしまいます。
また中の人でイメージをぶち壊してもマズイので、アイマスの声優はルックスもそれなりに重視されている(のではないでしょうか)。そういった諸々の条件に加えて、アイドルマスターという長期プロジェクトを考えると年齢の問題も生じます。声だけなら、年齢を重ねていってもそこまで変化しないですが、いかんせん定期的に実施されるライブを考えるなら『中の人の年齢』が体力に及ぼす影響も考慮する必要があります。「アイドル歳食わない、中の人歳食う」問題です。

それに加えてスケジュールの都合に影響する『結婚』『子持ち』であるかも重要になってきます。普通の仕事でもそうですが、結婚しているか、夫子持ちであるかはスケジュールを考える上で重要なファクターになってきます。特に産休期間と出産直後にスケジュールを入れるなど有り得ないですね。そもそも結婚後にお仕事を続けるかどうかという問題もあるわけで、どうしても考慮せざるを得ません。全般的に若い年齢の声優が好まれるのは、こういう面でスケジュールが付きやすいというのがどうしてもあるでしょう。
 
 

このあたりざっくりまとめてみました。

アイドル キャラ人気 中の人 年齢 活動開始 芸暦 出演作品数 備考
春香 中村 繪里子 28 2005 5
千早 今井 麻美 33 1999 11
雪歩 浅倉 杏美 23 2003 7
やよい 仁後真耶子 30 2000 10
律子 若林直美 34 2000 10
あずさ たかはし智秋 33 2000 10 小町
伊織 釘宮 理恵 31 1998 12 小町
平田 宏美 32 1999 11
亜美 下田 麻美 24 2005 5 小町
真美 下田 麻美 24 2005 5 新規
美希 長谷川 明子 27 2006 4 ※年齢は推定
沼倉 愛美 22 2008 2
貴音 原 由実 25 2008 2
 
さて、人気と出演作品数は完全に偏見です。
なんというか、やっぱりなんだ。結構みんな歳くったなあw
色々書いてきてアレなんですが、やっぱり選定基準はハッキリとは分かりません。年齢的にいえば、千早も真もやばいわけですが、一応レギュラーメンバーに残っています。人気は千早も真も強いですからね……。あずささんと伊織が(※私見ですが)あんまり人気ないのはMAネタやらBBAネタやらで薄々分かってましたが……。

とりあえず多角的に判断してレギュラーから外されたのは恐らく事実だとは思います。中の人の高齢化問題もあるので、次回作があったとしてレギュラーとして復帰できるかは……ちょっと微妙そうです。

あくまでも上記の中の人に関する考察は完全に偏見が入っているので、基本戯言だと思ってください。

続き
 
PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ リンク
◎ フリーエリア
◎ 最新コメント
[02/20 愛識]
[02/19 しぐみん。]
[11/17 愛識]
[11/17 須藤]
[11/05 げるP]
◎ プロフィール
HN:
itoshikiP
性別:
非公開
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
◎ カウンター
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]